オナホ 固定

オナホを固定しセックスと同じように腰を振りたいんです

オナホ固定 キャッチ

 

オナホールを使い始めると、必ず試したくなること。
それは、オナホを固定しての腰振りプレイ

 

手のストロークでは絶対に味わえない臨場感は、まさに極上の快感です。

 

ただ、なかなかどうして・・・
オナホールの固定というのは上手くいかないもの。

 

とりあえず身近なもので試してみるんだけど、
ピストンしているうちにオナホがずれちゃってイライラ(汗)

 

こんな経験ありますよね。

 

ここでは、私が行なってきた様々なオナホ固定方法を紹介していきます。

 

身の周りにあるものから専用の固定具まで、
それぞれのメリットやデメリットを解説しました。

 

 

 

初級編:オナホを机の上に置いて腰振り

 

オナホ固定 机

もっとも手軽に腰振りできる方法がこれ。私がオナホ初心者のころによくやっていました。

 

別に机じゃなくてもかまいません。ちょうどいい高さの台なら何でもいいですよね。

 

メリットは、とにかく面倒くさくないこと。あれも用意してこれも用意して…といったわずらわしさがありません。

 

ただ、ずれないようにするためには
重さのあるものをホール先端に置くなどの工夫が必要です。

 

私は手をそえて固定してましたが、
これでは完璧な固定とは言い難いですよね(汗)

 

メリット
  • 面倒なセッティング不要
  • 手軽に腰振りプレイが楽しめる

 

デメリット
  • 臨場感に欠ける
  • 立ちバックスタイルしかできない
  • 手をそえる場合は完璧な固定方法とはいえない

 

手軽にできる反面、だんだん物足りなくなってくるのもまた事実。

 

しかし、オナホ初心者さんで腰振りプレイ未経験なら、
この方法でも劇的に快感度がアップすること間違いなしですよ。

 

 

 

 

中級編:布団やクッションでオナホを固定

 

柔らかな布団や座布団、クッション等でうまいこと形をつくり、そこにオナホを固定する方法。

 

机の上に置いての立ちバックに物足りなさを感じた私が、次に試したのがこれでしたね。

 

丸めた掛布団を女の子の体に見たて、さらにクッションを組み合わせてオナホを固定する。場所はもちろん、ベッドの上です。

 

この布団による固定方法。
何が衝撃的だったかというと、正常位ができることです。

 

布団(←女の子のつもり)に真正面から向き合い、
ギュッと抱きしめながら射精する快感といったら…

 

思わず声が出てしまうほどでしたね。

 

私の場合はオナホから出る油分(オイルブリード)が気になったため、筒状の空き箱にホールを入れてから固定していました。

 

有名なお菓子の空き箱です(汗)

 

こうすることで、ホールが布団に触れなくなるんですね。デカすぎるオナホは入りませんが。

 

 

欠点としては、上手に固定しないと
ピストン中にオナホがずれたりしてイライラすることです。

 

また、気持ちよく挿入できる角度調整も必要になりますね。

 

あと、ローション漏れで布団を汚す危険性があるため、
バスタオルなどを敷いたほうがいいでしょう。

 

布団は気軽に洗えないですから。

 

メリット
  • 正常位ができる
  • 抱きしめることで密着感が味わえる

 

デメリット
  • 慣れないうちはホールがずれる、動く
  • 高さや角度調整が必要になる
  • 布団やクッションを汚す危険性がある

 

机の上に置いての立ちバックよりは臨場感がアップする布団固定。

 

ただ、ホールがずれて中断とかになると
せっかくの気分も萎えてしまいます。

 

それに、夏場は掛布団がなかったりして
なかなか一筋縄にはいかない方法でもあります。

 

 

 

 

上級編:専用のオナホ固定具を使う

 

オナホ固定具

 

布団による固定方法では飽き足らず、どんどんエスカレートした私。
次に手を出したのがオナホ固定具です。

 

いろんな種類の固定グッズが存在しますが、
やっぱりメジャーなのはエアダッチですね。

 

空気を入れれば、目の前にはエロいボディラインの女の子が誕生。

 

股間部にはホールポケットと呼ばれる穴が開いており、
そこに手持ちのオナホを装着することができます。

 

ホールは空気圧によってしっかりと固定されるため、
もうズレたり外れたりといった心配はなくなりました。

 

さすが専用具です。

 

オナホ固定具

 

しかも、丸みを帯びた女の子特有のボディラインは、
臨場感がハンパありません。

 

私がはじめて手にしたエアダッチは、
上の画像にもあげたラブボディリサ(risa)。

 

リサは太ももが付いているため、
正常位で腰を振ると非常にリアリティがありました。

 

「マジでセックスしてるみたいだ!」

 

そんな風に感じましたね。当時の私は童貞でしたが(汗)

 

 

オナホ固定具

 

ただし、エアダッチには致命的な欠点があります。
それはパンクしてしまうこと。

 

空気を入れすぎたり体重をかけすぎたりすると、
空気漏れを起こしてしまうのです。

 

どこかに穴が開いてしまうと、シュ〜ッとしぼんでいくエアダッチ。
(しかも、けっこうパンクしやすい気がする)

 

他にも、空気を入れる・抜くといった
セッティング&後片付けが面倒だったりしますね。

 

また、エアダッチにはオナホールが付いていないので、
出費がかさむという点も注意しなければなりません。

 

メリット
  • 専用具のためオナホの固定が安定している
  • リアリティ、臨場感が素晴らしい

 

デメリット
  • パンクの心配がつきまとう
  • セッティング&後片付けが面倒
  • 空気の量が多いと挿入感がキツくなってしまう
  • 出費がかさむ

 

布団を使った固定にくらべ、よりリアリティの増すオナホ固定具。

 

腰振りの快感がハンパないのは事実ですが、
デメリットが多くて意外と使いづらいんですよね。

 

 

結局、どの方法も一長一短なんだよね。
やっぱりオナホ固定って難しい・・・

 

面倒なセッティングとか、破損の心配とかなく
安定した腰振りプレイはできないもんかね?

 

 

 

 

最上級編:オナホ固定の悩みを一発解決!セックスのように思いっきりパンパン突ける「ぷにあなDX」

 

ぷにあなDX

 

オナホ固定の悩みを一瞬で解決してくれるもの。
それが据え置き型オナホール「ぷにあなDX」です。

 

据え置き型、つまり、置いて使うことを前提としたオナホであり、
ひいては腰振りプレイ前提ということでもあります。

 

ぷにあなDXを手にしてからは、
オナホ固定を考える必要がなくなりました。

 

だって、置くだけですから。もはや、固定ですらありません。

 

布団とクッションで一生懸命ハンドホールを挟んでいたあの苦労…。
エアダッチを足踏みポンプでふくらませていたあの労力…。

 

そう。固定のわずらわしさや面倒くささから解放してくれる。
ぷにあなDXは手軽にセックスの臨場感を味わえるオナホなのです。

 

ぷにあなDXのメリット
  • 大型なので安定感抜群!ピストンしてもズレない
  •  

  • 正常位もバックも思いのまま!なんと騎乗位もOK
  •  

  • 腰振り専用なので高さ調整などの面倒くささがない
  •  

  • 空気を入れたりするセッティングが不要
  •  

  • 思いっきり体重をかけることができる
  •  

  • 大型オナホなのに貫通式。だから洗いやすい!
  •  

  • 据え置き型なのに圧倒的な安さ

 

ぷにあなDX

 

 

見た目やコンセプトはロ リ系ですが、
そんなことはどうでもよくなるほどの気持ちよさ。

 

パンパンと肌を打ちつける腰振りは超リアルで
セックスの臨場感そのままと言ってよいでしょう。

 

メンテナンスも簡単、おまけにコスパも最強。

 

ぷにあなDXなら、オナホ固定の悩みを一発解決してくれます。

 

>>「ぷにあなDX」の素晴らしさをもっと詳しく知る

 

 


トップページ 布団や枕での上手な固定 オナホ固定具の種類 ラブボディ比較 オナホ固定からの解放