オナホ 固定 布団

手軽だけど難しい?布団やクッションでのオナホ固定方法

 

おそらく、もっともポピュラーなオナホ固定方法。
布団やクッションはどこの家にもありますからね。

 

あなたも一度や二度ためしたことがあると思います。

 

でも、なかなか難しいんですよね、布団による固定は。

 

ピストンしているうちにホールが奥へ引っ込んじゃってイライラ…。
そう、上手く固定しないと安定した腰振りができないんです。

 

 

私の場合は布団をロール状に巻いて、
それにクッションをいくつか組み合わせて固定していました。

 

巻いた布団のすき間にオナホを挟み込み、
クッションで角度や高さを調節する感じですね。

 

布団にしろクッションにしろ、オナホを挟むときは下の図のように
タオルを一枚かますとホールの引っ込みを防ぐことができます。

 

 

まあ、激しくピストンすれば
多少は斜めにズレちゃったりするんですが(汗)

 

オイルブリード(油分の染み出し)が気になるようであれば、
ホールのまわりにもタオルを巻くといいです。

 

私は筒状の空き箱にホールを入れ、それごと固定していました。

 

ちょっとお金がかかりますが、
スポンジシートを巻くとすべり止めの効果がさらにアップしますよ。

 

あとはローション漏れで布団やクッションが汚れないよう、
下にもう一枚タオルを敷いたほうがいいですね。

 

 

布団やクッションによるオナホ固定は、
自分なりのやりかたを見つけるまではなかなか安定しないと思います。

 

試行錯誤の連続ですね(汗)

 

 

小さいのに安定感抜群のオナホ固定グッズ「ピローハガー」

 

オナホ固定 ピローハガー

 

「布団によるオナホ固定がどうしても上手くできない!」

 

そんなあなたに紹介したいのがコレ。
ピローハガーといいます。

 

このピローハガー、空気を入れて使うオナホ固定グッズ。

 

本体に付いたベルトで布団や枕、クッションなどにくくりつけて
安定した腰振りを楽しむことができます。

 

固定はバックルでカチッと止めるだけなので、
面倒な準備なくあっという間に腰振り開始!

 

ホール装着穴はかなり大きめの設計なので、
たいていのオナホが使えますね。

 

空気を抜けばコンパクトにたためるので保管も楽チンです。

 

その他、私が感じたピローハガーのメリット
  • ベルトによる固定は意外にも安定感が高かった
  • ホールポケットが斜め上を向いているため挿入しやすい
  • 本体が小型なので空気を入れる量が少なくて助かる
  • 大きめサイズのオナホ「名器の品格」が使えた
  • 汚れ防止シートが地味に助かる

 

オナホ固定 ピローハガー

 

 

>>ピローハガーの詳細を見る

 

 

 

 


トップページ 布団や枕での上手な固定 オナホ固定具の種類 ラブボディ比較 オナホ固定からの解放