ぷにあなDX 挿入感

腰振りすればリアルセックスに近い感触を味わえます!

ぷにあなDX

 

低価格なのにしっかりと腰振りプレイが楽しめる「ぷにあなDX」。

 

ハンドホールの固定に苦労しているのならまさに打ってつけのオナホですが、
気になるのはその挿入感ですよね。

 

ここでは、ぷにあなDXに入れたときの
感触や刺激についてレポートしてみました。

 

 

ミドルサイズのオナホでは太刀打ちできない極上の締まり

 

ぷにあなDX

 

約2.4kgのボリュームがうみだす自然な締め付け。
これがキツすぎずユルすぎずの極上な締まりでした。

 

一応ロ リ系オナホに入るぷにあなDXですが
挿入が困難なほどきついわけではなく、
肉厚な素材弾力によるナチュラルなきつさ、という感じですね。

 

入れるたびにキュッキュッと心地よく締め付けてきます。

 

貫通式という構造上バキュームはあまり期待できませんでしたが、
肉厚な素材に包まれる感触は大型ホールの醍醐味。

 

ミドルサイズのオナホでは太刀打ちできませんね。

 

 

童貞さんのトレーニングに最適な刺激

ぷにあなDX 内部構造

 

ぷにあなDXは膣とアナルの2穴仕様になっていて、
それぞれ内部構造が異なります。

 

まず膣ですが、内壁にはびっしりと小さなイボイボがついています。

 

ところがこのイボ、
それほど激しい主張をしてくるわけではありませんでした。

 

素材硬度が絶妙なバランスに仕上がっているんだと思います。

 

硬くてゴリゴリ、みたいな刺激ではなく、
膣圧によって絡みつく感触です。

 

人工的な刺激としては弱いため、
意外にもリアルに近い挿入感だと感じました。

 

セックス未経験の童貞さんには、腰振りの動作も含めて
最適なトレーニングアイテムではないでしょうか。

 

 

続いてアナルの刺激。

 

こちらは縦ヒダ横ヒダの混在加工となっていますが、
やっぱりそれほど激しい刺激ではありませんでした。

 

締め付けとあいまったマイルドなこすり刺激、という感じですね。

 

私は本物のアナルに入れたことがないので
リアルかどうかはわかりませんが、

 

射精性能は申しぶんないのでこれはこれでアリだと思いました。

 

 

ぷにあなDXの挿入感を味わう

 

 

 

 


トップページ 布団や枕での上手な固定 オナホ固定具の種類 ラブボディ比較 オナホ固定からの解放