エアダッチ 注意点

購入前に知っておきたい!エアダッチの注意点

 

オナホ固定グッズの定番とも言えるエアダッチですが、
使用にはいろいろと注意することがあります。

 

買ってから「こんなはずじゃなかった…orz」とならないためにも、
エアダッチ導入を考えているのならぜひ読んでみてください。

 

 

注意1:大きすぎるオナホは装着不可

 

 

手持ちのオナホールを固定して楽しめるエアダッチですが、
この世に存在するすべてのホールが装着できるわけではありません。

 

エアダッチのホール穴(ホールを装着する穴)より
長いオナホは先がはみ出てしまいますし、
直径が太いオナホはそもそも入れることができません。

 

購入の際は、ダッチとオナホ両方のサイズを確認する必要があります。
中には、専用ホール使用前提で作られたエアダッチもあるので注意。

 

ただ、有名メーカーのダッチならいろんなオナホが使えるように
ある程度サイズに余裕を持って作られています。

 

基本的に中型サイズのオナホールなら装着可能と考えていいでしょう。

 

名器の品格など大型のものは無理をすれば入るかもしれませんが、
初心者さんだと破損させてしまうおそれがあるのでおすすめできません。

 

私はA-One社の「ラブボディシリーズ」しか使ったことがないのですが、

  • オンナノコのカラダ(マジックアイズ)
  • 空気少女★宇佐羽えあ(Tokyo Libido)
  • 透明少女(トイズハート)

上にあげた人気エアダッチは、
おおむねラブボディシリーズと同じくらいのホール穴です。

 

つまり、ラブボディシリーズに装着できたオナホールなら、
上記のダッチにも装着可能といえます。

 

以下は、私がラブボディで試したオナホール。

  • ボクのおなぺっと…〇Kumiにも入る ※1
  • 東京名器物語…〇
  • セブンティーン系…〇
  • @15(フィフティーン)…〇
  • すじまんくぱぁろあ…〇
  • ふわトロめいき…△苦労するがなんとか入る
  • 初々しい妹…△かなり苦労するがなんとか入る。初心者さんだと難しいかも

※1 ラブボディKumiは、シリーズ中もっともホール穴が小さいので、
装着できるオナホは小型のものに限られます。

 

 

注意2:口で空気を入れるのは大変

 

 

できないことはないですが、時間がかかるし酸欠でフラフラします(汗)
ここはおとなしく、空気入れを使いましょう。

 

足踏み式ポンプなら、
シュコシュコしながらおかずを探せるので便利です。

 

>>足踏みポンプを見る

 

 

注意3:空気の入れ過ぎ、体重のかけ過ぎに注意

 

 

パンクの原因になるので、
空気はパンパンになるまで入れず8割程度にとどめましょう。

 

また、覆いかぶさるように体重をかけるのもNG。
ビニールのつなぎ目から空気漏れを起こしてしまいます。

 

ただ、パンクに関してはオナホ固定具として使っている以上、
いつかは起きてしまう問題です。

 

ドールとして部屋に飾っておくだけなら別ですが。

 

私もラブボディRisaだけで3体買い換えました(汗)

 

 

 

 


トップページ 布団や枕での上手な固定 オナホ固定具の種類 ラブボディ比較 オナホ固定からの解放